2012年12月02日

シロダモ(別名:シロタブ)

2012年12月放送

201212_シロダモ.jpg

クスノキ科の常緑の中高木。雌雄異株で、雌株に
は晩秋にクリーム色の花が咲きます。
約1.3cmの赤い実は前年の実が熟したもの。1年
を経て花と果実の両方が同時に見られる面白い木
です。
葉の裏面は灰白色。名前の由来になっています。
posted by mmctv at 16:53| 野の花

2012年11月01日

ノブドウ(野葡萄)

2012年11月放送
201211_野葡萄.jpg

玉川上水を散歩中、薮にからまる鮮やかな色の実を見つけました。

ノブドウは北海道から沖縄まで分布するツル植物。

昆虫の寄生で虫えいをつくることが多く、一房に白緑色・褐紫色・赤紫色・コバルトブルーと色とりどりの実をつけます。

どれが正常な実の色なのでしょうね。

花よりも実が主役の秋の植物です。
 
posted by mmctv at 08:33| 野の花

2012年10月01日

イヌショウマ(犬升麻)

2012年10月放送
201210_イヌショウマ.jpg
▼動画(50秒)をみる

秋、林でときおり見かける花です

高さ 60 〜 90 センチの多年草。

小さな花が集まって、ビン洗いみたい。

ピンク色のつぼみと白い花がひきたてあってきれいですね。

漢方薬になる「サラシナショウマ」に似ていますが、

薬用にならないのでイヌの名がつきました。


 
posted by mmctv at 09:39| 野の花

2012年04月01日

ヤマブキソウ(山吹草)

2012年4月放送
201204_山吹草.jpg

黄色の花びらがうららかな春を感じさせる花です。

山吹に似ているところから名前がつきました。

でも山吹の花びらは5枚ですが、ヤマブキソウは4枚ですね。

本州から九州の林の縁などに群落をつくります。

近年数を減らしているとのことで、「幻の花」とならないことを祈ります。
 
posted by mmctv at 22:39| 野の花

2012年02月01日

アカカタバミ(赤片喰)

2012年2月放送
201202_アカカタバミ.jpg
葉や茎が赤いカタバミです。
黄色い花の中心に赤い輪が見られるのが特徴。

花の季節は春から秋ですが、条件のよいところでは
ほぼ一年中見かけます。

カタバミ類の中でも特に乾燥や高温に強く、
過酷な環境をものともせずに繁殖します。
中央線をくぐりぬける三鷹の地下歩道の
アスファルトのすきまにも花を咲かせていました。

そのたくましさ、わけてほしいですね。
posted by mmctv at 00:00| 野の花

2011年12月01日

マユミ(真弓、檀、檀弓)

別名  ユミノキ(弓の木)/ヤマニシキギ(山錦木)
2011年12月放送
201112_マユミ.jpg
初冬の川岸にピンク色に染まった枝が目についた。
花が咲いているのかと近寄ると、四角くかわいい実が鈴なりに。
中から鮮やかな赤い種が顔をのぞかせているのもある。

マユミ。
日本や朝鮮半島などに自生するニシキギ科の落葉中低木。
材質が強い上によくしなるため、古来より弓の材料とされ、
その名がついたとか。

若葉は山菜になるが、種子は麻痺を起こす成分があるので
食べてはいけないと注意書きがあった。でも、冬鳥たちは
好みのよう。しびれて落ちないかしら? (担当 河戸)


posted by mmctv at 00:00| 野の花